須澤紀信Official Website

Blog

「半径50センチ」もうひとつのストーリー:りんご

「あなたが呟いた「カナシイ」は僕が知っている「悲しい」と

とてもよく似ているんだ でも決して=(イコール)にはならない」

 

 

同じ「人間」

 

違う「ヒト」

 

同じように話し、行動して、喜怒哀楽がある

 

でも、みんな違う「ヒト」

 

「この映画楽しかったよね」

 

同じ時間に同じものを観る

同じ物語を、隣同士の席で観る

 

でも、違う感想

 

「あの場面が良かった」

「あの俳優さん素敵だった」

 

それぞれもシンクロすることはなく

100%ということはなく

 

僕の心の内、全てを理解してくれる人など

70億の中に探したとしても見つかるわけがない

 

違うことは悪いことか

普通とはなんなのか

 

発する側と受ける側

評価する側とされる側

 

睨み合うのか、微笑み合うのか

 

妥協案はあれど、解決策は浮かばない

 

それなら

それならば

 

好きに愛し、好きに生きるしかないのではないか?

誰かを気にしすぎても疲れるだけではないか?

 

違うものは違う

同じものは同じ

 

今まで気にしていたものはちょっとした誤差かもしれない

気にするだけ馬鹿らしいことかもしれない

 

無理に分け合うくらいなら

時には独りよがりの方がよかったりする

 

全てを分かち合う必要はないんだ、と。

 

昔の自分に教えてやりたい

 

by 須澤紀信

 
★★ Information ★★

須澤紀信 1stアルバム「半径50センチ」リリースを記念して、現在、旅行券やクオカードが当たる「“はじまりは半径50センチ”キャンペーン」を実施中!

詳しくはこちらから:
http://bit.ly/ksn50